ナットウキナーゼでエノコミークラス症候群を防ぐ

ナットウキナーゼでエノコミークラス症候群を防ぐ

今までは高齢化社会と呼ばれていたものが、とうとう高齢社会になり、経済力と活動力がある年配者が長旅へ出るなんてことも多くなりました。
日帰り旅行で気がかりなのが、エコノミークラス症候群です。
別名ロングライト症候群と呼ばれ、本来は飛行機に乗って長い時間体が動かせないような状態が続いた際になってしまう状態をいいます。
血栓が出来やすくなり、最悪のケースになると命の危機に関わることもある怖い病です。

 

○エコノミークラス症候群が生じる場所
エコノミークラス症候群と聞くと、どうしても飛行機のみでの病かと思ってしまいがちですが、現に電車の車内でも生じることがあります。
近年は地震などの災害によって仕方なく避難生活をしている高齢者が発症してしまうことが増え、関心を集めていました。
体をほとんど動かすことなく同じ姿勢のまま長時間いると、静脈より血流が悪化していき、またたく間に血栓が生じてしまいます。
血栓が生じても自覚症状がないので、知らない間に血流がみるみる悪化し、心臓に血液が運搬されずに死に至るというケースもあります。
体をなかなか動かせない場所に行ったとしても、体を出来るだけ動かして足の血流がきちんとされるようにしましょう。
もしそれでも気になるなら、着圧ソックスなどを用意し、必要なら着用すると良いです。

 

○ナットウキナーゼが効果的
エコノミークラス症候群が懸念される状況にいる時に、急にナットウキナーゼを飲んでも瞬時に血流が良好になるというわけではありません。
しかし、血行が悪化しにくい人は、ナットウキナーゼを予め飲んでおくと多少は防ぐことも可能です。
もしも購入するなら、高品質で自身の体に合ったものを継続して飲むことが良いでしょう。