ナットウキナーゼの副作用の有無

ナットウキナーゼの副作用の有無

酵素成分のナットウキナーゼは納豆のみに含まれており、今まで副作用などの報告はないそうです。
しかしこれにはある決められた条件があって、その人のその時の健康状態によってはナットウキナーゼが悪影響となってしまうこともあるので気をつける必要があります。

 

○抗血液凝固剤を服用中の方
ナットウキナーゼから生じる効果は、血栓溶解作用です。
血栓が生じる要因のフィブリンの作用を抑制する働きがあるため、血管の中で血栓が生じるのを防いでくれるのです。
ですが、特定の病を持っている人は、抗血液凝固剤を服用していることがあり、この薬はワーファリンという名の医薬品です。
これは血栓塞栓症の治療中の方が服用するものです。
ワーファリンと納豆に含まれるビタミンK2を同時摂取すると、薬の効果がムダになってしまうことが予想されます。
ですから治療が無意味になってしまうので、ワーファリンを服用中の方はかかりつけ医から納豆を食べることを禁止されているかと思います。
ナットウキナーゼのサプリメントなどにも絶対ビタミンK2が含まれているとは言えませんが、もし薬を服用中の方で心当たりがある方は、かかりつけ医に相談してから飲むようにしましょう。

 

○ナットウキナーゼとビタミンK2について
納豆には、ナットウキナーゼとビタミンK2の2つの機能成分が含有されています。
その他にも納豆菌に含有されている機能成分は幾つかありますが、中でもナットウキナーゼとビタミンK2は相違する働きがあるのです。
ナットウキナーゼが血栓溶解作用があるのに対し、ビタミンK2は血液凝固作用があります。
これらから、体の中で秀逸なバランスで納豆を摂っても血液が止まることがないようになっています。
ある種の病を抱えている人でなければ、ナットウキナーゼの副作用を気にする必要はありません。