ナットウキナーゼの血圧低下作用について

ナットウキナーゼの血圧低下作用について

ナットウキナーゼには、血圧を下げる働きがあると言われています。これについて、事実かどうかはまだ確定ではありませんが、納豆の原料にあたる大豆の成分に、血圧を下げる働きがあるのではなかという説があります。

 

ニコチアナミンの働き

大豆には、ニコチアナミンという成分が含有されています。明日葉やモロヘイヤなどの食物にも含有されている成分で、ニコチアナミンには血圧低下の働きがあると言われています。本能性高血圧症の要因を抑制すると言われており、大豆が原料となる納豆にも血圧を下げる働きがあると言われているのです。

 

しかし、ナットウキナーゼにニコチアナミンが含有されているか否かは、確実ではありません。サプリメントの種類を見てみると、ニコチアナミン含有のサプリメントもあると思います。ナットウキナーゼのサプリメントを購入する際は、チェックしてみると良いでしょう。

高血圧を抑える

血液サラサラになると血流が正常化するので、高血圧の方は、血圧が下がり、低血圧の方は、血圧が上がると言う効果があります。
また、血栓溶解作用を持つナットウキナーゼは、血栓から生じる高血圧や動脈硬化などの問題を防止できます。しかし、血圧にトラブルを抱えており、薬を飲んでいる人は気をつける必要があります。
納豆にはビタミンK2が含有されており、この働きが医薬品と不適合なため、サプリメントによって同様の働きが生じる可能性があるのです。本来血圧に何かしら以上があり薬を処方してもらっているのなら、かかりつけ医に相談した後にナットウキナーゼを摂るようにしましょう。

 

>>売れ筋のナットウキナーゼサプリのランキングはこちら<<