ナットウキナーゼ アルツハイマー

【世界が注目】アルツハイマー病の予防・治療に期待されるナットウキナーゼ

現在の認知症患者数の推計値は、日本で約500万人、世界では約4,800万人となっています。さらに2025年には、日本国内の患者数は1.5倍に増加し700万人を超え、65歳以上の5人に1人の割合で認知症を疾患することになると推計されています。

 

 

 

しかしながら、現在に至ってもこれらの認知症の予防・治療法は確立されておらず、また回復できる治療薬も開発されていないのが実態です。このような実情の中、認知症の約70%を占める『アルツハイマー型の認知症の予防・治癒に「ナットウキナーゼ」が効果を発揮する』という研究報告が世界中の注目を浴びています。

 

 

世界中で高まるアルツハイマー病の予防・治療の研究

 

 

 

 

 

日本のみならず世界中において「アルツハイマー病」の患者が増え続ける状況下でも、その予防法や治療法は未だに確立されていません。世界中の科学者や医療関係者たちによる予防・治療方法の研究・開発が盛んに行われています。

 

 

 

アルツハイマー病を含む認知症の多くが、65歳を過ぎた高齢者に発症することから、これから高齢化社会を迎える日本では特に重要かつ緊急な課題として「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」が策定され国家戦略プランとして位置づけられています。

 

 

ナットウキナーゼに世界中が注目

カリフォルニア大学サンフランシスコ校のアルツハイマー症の専門家による論文の中で、『ナットウキナーゼがアルツハイマーの予防・治療に有効となる可能性が高い』と述べられています。

 

 

 

内容の骨子は、『ナットウキナーゼというタンパク質分解酵素がアルツハイマーの原因物質とされる「アミロイドβ」という“特殊タンパク質”を除去してくれる可能性が高い』というものです。このことは、国立台湾大学の化学者チームも、『ナットウキナーゼが有害なタンパク質の線維を分解できる』ことを明らかにして裏付けています。

 

 

 

これらの研究論文の発表により、納豆を食べる習慣のない世界中の国々からもナットウキナーゼの効果に期待が寄せられているのです。そして世界中において、このナットウキナーゼの効果に関する実験・研究やナットウキナーゼを有効成分とする治療薬の開発が盛んに行われるようになったのです。

 

 

アルツハイマー病の原因物質とは

「アルツハイマー病」を発症する原因物質は、「アミロイドβ」「タウタンパク質」という「特殊タンパク質」だとされています。この「アミロイドβ」が、10年から20年かけて脳内に蓄積されることで、脳の神経細胞を破壊して脳の萎縮が進行し、アルツハイマー病を発症するとされています。

 

 

アルツハイマー病の発症までには初期段階から約25年もかかるとされています。65歳を過ぎてからの発症率が高いことから、アミロイドβの蓄積は、40歳過ぎから既に始まっていると言えます。

 

 

 

アルツハイマー病の初期段階は、アミロイドβの蓄積から始まり、約10年後になってタウタンパク質の蓄積が重なります。さらに後半の約15年間にはアミロイドβとタウタンパク質が、同時に蓄積され続けて脳神経細胞を死滅させ認知症状を発症させるとされています。

 

 

「アミロイドβ」の脳内蓄積のメカニズム

「アミロイドβ」の脳内蓄積には、「インスリン分解酵素の働き」が関係しているとされています。通常の健康体であれば、脳内のアミロイドβは、インスリン分解酵素の働きによって分解されて排出されるので、脳内に溜まることはありません。

 

 

 

しかしインスリンが過剰に分泌されてしまうと、インスリン分解酵素は、本来の役割であるインスリンの分解に忙しくて、脳内に蓄積されるアミロイドβの分解・排出作用がおろそかになってしまい、脳内への蓄積の原因となるのです。

 

 

 

アルツハイマー病を発症する人の多くが、糖尿病2型の持病を持っていることでも、インスリン分解酵素との関与を裏付けています。

 

 

アルツハイマー病を予防・治療するナットウキナーゼの効果とは

 

現代の科学や医学を持ってしても、その治癒・回復が困難とされる難病の「アルツハイマー病」の患者は、20年後には世界中で倍増すると危惧されています。症状の進行を遅らせたり、症状を緩和したりするだけの対処法としての薬が存在するだけで、根本的に治癒・回復させる治療薬は存在していないのです。

 

 

 

そのような世界中の危機感の中で、日本の伝統的食品の納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」というタンパク質分解酵素に、世界の科学者や医学者たちが注目しているのです。

 

 

 

もともと『フィブリンという血栓をつくるタンパク質を溶解する働きのある「ナットウキナーゼ」であれば、脳に蓄積される「アミロイドβ」というタンパク質も分解してくれる可能性が高い』として、ナットウキナーゼを有効成分とする治療薬の開発に拍車がかかっています。

 

 

タンパク質分解酵素としてのナットウキナーゼの働き

納豆の糸引きネバネバ部分に含まれる「タンパク質分解酵素」には、血管壁に血栓を作る「フィブリンというタンパク質」を溶解(分解)する働きがあることで「ナットウキナーゼ」と命名されています。

 

 

 

「フィブリン(fibrin)」は、血液の凝固を推進する繊維状タンパク質で、血管壁の傷などが原因となって血小板を凝集し血球をくるみこんで血栓を形成します。ナットウキナーゼには、血栓の形成成分であるフィブリンに作用して溶解する働きがあります。

 

 

ナットウキナーゼの多様なタンパク質の分解活性作用

「ナットウキナーゼ」には、尿中に存在するタンパク質分解酵素の一種である「ウロキナーゼ」の前駆体である「プロウロキナーゼ」を活性化する作用や、血栓溶解作用を持つ「プラスミン」の生成を活性増大させる作用もあります。このようにナットウキナーゼには、血栓などのタンパク質を多様な角度から溶解(分解)する優れた働きがあることが特長となっています。

 

 

 

このナットウキナーゼの多様で優れたタンパク質分解作用が、脳内にできるアルツハイマー病の原因物質とされる「アミロイドβ」や「タウタンパク質」などの、線維状タンパク質も溶解(分解)してくれることが期待されます。

 

 

ナットウキナーゼの脳関門通過の課題

 

ナットウキナーゼを有効成分とするアルツハイマー病の治療薬が開発されたとしても、『どのようにして血液脳関門を通過させるのか?』という困難で重要な課題が残ります。

 

 

血液脳関門の功罪

脳内の細胞に必要な成分や薬剤などの物質を送り届けるためには、脳の関所とも言われる「血液脳関門(BBB)」を通過できることが必須条件となります。血液脳関門は、脳細胞にとって必要かつ無害な物質の通過を制御・選択することで、脳内の神経細胞に最適な環境を維持するという有益な役割を果たしています。

 

 

 

その反面で、脳内の物質を対象とする薬物治療においては、血液脳関門を通過して脳に届けられるのは、条件の整った一部の薬剤に過ぎません。脳細胞の治療に有効とされる成分や薬剤などの多くが、血流から脳関門を通過して脳内に送り届けることができないことで、脳内を対象とする病気の治療に大きな障害となっています。

 

 

ナットウキナーゼの血液脳関門通過は重要課題

血液脳関門を通過することができる物質は、「分子量が500以下の低分子物質」や、「脳のエネルギー源となるグルコース(ブドウ糖)やケトン体(脂肪酸)」、そして「脂溶性で脳の細胞膜を通過できる物質」などに限定されています。

 

 

 

睡眠薬や向精神薬などの“低分子”の薬剤は血液脳関門を通過することができます。またアルコールや覚せい剤などの麻薬類は、“脂溶性”であるがゆえに脳の細胞膜を通過することができるのです。

 

 

 

今後、脳の病気を治療できる有効な薬剤を、血液脳関門に通過させることができれば、現時点で治療困難とされている脳の障害による様々な病気の治療に役立てることができます。

 

 

 

この血液脳関門を通過させるための研究が盛んに行なわれており、アルツハイマー病の治療薬として有望なナットウキナーゼにおいても重要な課題だといえます。

 

 

まとめ

今現在、世界的に認知症患者が増加しており、今後も急増していくことが懸念されています。しかし急増する認知症の症状の進行を防止し、元どおりに治癒・回復させる薬剤も治療法も確立されていません。

 

 

 

特に認知症の認知症の60〜70%を占めるアルツハイマー病に対しての予防や治療などの確立が急務の課題とされています。アルツハイマー型認知症の原因物質である「アミロイドβ」を溶解できる「ナットウキナーゼ」の効果が期待されます。

ナットウキナーゼサプリランキングへ